2018y07m21d_223525215


Netflixにて配信中の「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」第20話で、岡本至恩佐藤つば冴が、新シリーズ初のカップルとなった。

【写真を見る】至恩&つば冴の、ラブラブ!バックハグショットを公開

同番組は、シェアハウスに同居する男女6人の青春模様を記録したリアリティー・ショー。その共同生活の様子をカメラで追いかけ、友情、恋愛、夢などさまざまなドラマを映し出していく。

「明日から日本にカップル増える。これは触発される!」とスタジオの徳井義実も絶賛するほど、ラブラブな状態で交際を開始した至恩&つば冴。二人の交際には、SNSでも話題になり、祝福の声で溢れた。

そこで、「ザテレビジョン」では交際をスタートした至恩&つば冴カップルにインタビューを敢行。「TERRACE HOUSE」での日々や、交際までの道のりなどを聞いた。

――互いに“恋愛対象”として意識し始めたのはいつからですか?

至恩:最初につば冴の印象が変わったのはホッケー見てからです。それまでは、「いい子だな」「かわいいな」くらいだったんですけど、試合でホッケーをしている姿がたくましくて、すごく輝いて見えました。そうなると、普段の生活でのつば冴とのギャップでまたかわいく見えて、「すごいな」って思いました。ホッケーでも結構、やられていましたね。見入っちゃいましたね。

その後、「これって好きなのかな?」って気付いたのは、年を越してからで、気持ちが固まったのが、(小室)安未が卒業する時。安未が何の前ぶれもなく卒業を発表して、急にいなくなるってなったとき『じゃあ、つば冴とかも、いついなくなってもおかしくないんだ』と思ったんです。アイスホッケーの大会が終わったら、「TERRACE HOUSE卒業しちゃうのかな」とか考えて、「それじゃあ、気持ちを伝えなきゃ」!って。

つば冴:私も年を越して、至恩の誕生日くらいから気になり意識し始めました。

――至恩さん、告白のときは自信ありましたか?

至恩:それまでも、お互いそんなに表立って「好きだよ」みたいな態度に出していなかったので、そういう意味では告白をすることで、大会が終わるまでは意識してもらえるのかなって思いました。

告白をした後も普通に話をしていて、「あれ、照れてる(笑)?」って様子を見てました。やっぱり、あの告白は効いていましたね!

つば冴:ぶっちゃけ、効いてましたね(笑)!告白されたら意識しちゃうじゃないですか。しかも、ちょうど大会前ですごくホッケーに集中していたときに「好き」って言われて…。でも、そんな時に集中しろって言われてもできないじゃないですか(笑)!

でも、好きって言ってくれたのはすごくうれしくて、練習中にもちょっとその告白がちらついていました。

――スタジオメンバーからの絶大な人気を誇る、つば冴さんのお父さんにちゃんと交際の報告もしていましたよね。

至恩:付き合う前からお店に行っていたので、ちゃんとあいさつしなきゃって思ったんです。つば冴のお父さんは、面白くて本当に気さくな方。それでいて、男手一つで娘たちを育てながら店をやってきた苦労とかを見せない感じがかっこいいですよね。

つば冴:なかなか、付き合う報告を親にすることってないですよね(笑)。反対どころか、むしろ「いいじゃねえか」って歓迎してくれて、ありがたいです。

――付き合ってから分かった、互いの新たな一面はありましたか?

至恩:付き合ってからじゃないとお互い見せない顔があるなと思いました。

つば冴:結構、至恩って大人っぽく見えると思うんですが、二人でいる時は子供っぽい一面も見せてくれたりします。それまでは、見せていなかった一面だったので、びっくりしつつ、かわいいなと思いました(笑)。

至恩:少年なんです(笑)。安未とは家で一番一緒にいる時間が長かったので、よく一緒に遊んでいました。“アクションごっこ”とか。

つば冴:くだらないことばっかりやっていましたね。

至恩:つば冴も一緒に住んでいるときも、少しずつ心を許してくれているなっていうのは感じていました。でも、付き合ってからだと、適度に気を遣わない仲になれました。

だから、その分たまにケンカすることもあるんです。でも、お互いそういう人間らしい一面もちゃんとあってよかったなって思えます。

つば冴:小さいケンカはしますけど、「平和だな」ってお互いに思えたらいいかなって。これからも一緒に仲良くピースに過ごしていきたいです!

至恩:ずっと一緒に笑っていたいし、いつまでもつば冴を笑わせていたいですね。

■ 「TERRACE HOUSE」を卒業して…

――お二人にとって、改めて「TERRACE HOUSE」はどういった場所でしたか?

至恩:帰りたくなる場所。住んでいるときも、仕事中に「早く帰りたいな~」って思ったりしたこともありました(笑)。卒業したいまは、ホームシックになっています。

つば冴:ずっと、『「TERRACE HOUSE」に戻りたい』って言ってるんですよ(笑)!

至恩:特に男子メンバーの、貴くん(中村貴之)、(上村)翔平といた時間は本当に毎日楽しかったんです。番組で知り合ったのにも関わらず、兄弟みたいに仲良くなれたのは財産ですね。

つば冴:私にとっても出会いの場ですかね。「TERRACE HOUSE」でしか出会えないひとと出会えました。

私は家にいる時間が少なくて、ほとんど外にいることが多かった分、普段の何気ない日常ひとつひとつがいい思い出になっています。男子メンバーと同じように、女子は女子ですごく仲良しです。安未とは、いまもまめに連絡していますし、仲良くなれないと思っていた(島袋)聖南さんも、いまではプライベートでご飯に行く仲なんです。

特に安未とは、普段生活している中では出会えなかったと思うし、これだけ仲良くなれるとは思っていなかったので、「TERRACE HOUSE」で大切な親友ができたと思いますね。

至恩:あと、「TERRACE HOUSE」でしか会えない人たちに出会えたこともそうですけど、これだけ多くの人に見てもらって、応援してもらいました。僕は、仕事にもプラスに働いているので、「TERRACE HOUSE」を機に、演技など新しいことにも挑戦したり、今後もいろいろと発信していきたいと思っています。

つば冴:私は、少しでも至恩の支えになれればいいなという気持ちと、レッドブルのイベントもそうですが、この1年はホッケーを頑張っていきたいです。それで、アイスホッケーの認知度も上がって、競技人口も増えてくれたらうれしいですね。(ザテレビジョン)

「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」で今シリーズ初のカップルとなった至恩&つば冴カップル

(出典 news.nicovideo.jp)

ペアの
聖南リングが光ってます♪


2018y07m21d_223533705

【岡本至恩】
職業:モデル 
出身:神奈川・川崎市
生年月日:1995年1月13日
趣味:バスケ・ゲーム・映画鑑賞・木登り
好きな異性のタイプ:よく笑う可愛い人・家庭的な人
嫌いな異性のタイプ:人の悪口ばかり言う人・体型がだらしない人
好きな食べ物:肉・チーズ・ピザ・カレー
嫌いな食べ物:臭いのキツいシーフード・ナメコ・パクチー
 <略歴>
2012年神奈川県立百合丘高等学校 卒業
2015年株式会社インキュベーション所属
モデル活動を開始
★テラスハウス軽井沢編初期メンバー(2017.12~2018.5出演)


【佐藤つば冴】
職業:アイスホッケー選手
出身:長野・中野市
生年月日:1993年9月28日
趣味:スノーボード・バスケ・ピストバイク・映画鑑賞・アイドルオタク
好きな異性のタイプ:引っ張ってくれる人・素でいられる人
嫌いな異性のタイプ:俺様系男子
好きな食べ物:オムライス・唐揚げ
嫌いな食べ物:生のセロリ
 <略歴>
9歳の頃、アイスホッケーを始める
2006年軽井沢フェアリーズ入部
2011年長野県軽井沢高等学校 卒業
2014年大原学園大原スポーツ公務員専門学校 卒業
2014年スポーツコミュニティー軽井沢クラブ入社
★テラスハウス軽井沢編初期メンバー(2017.12~2018.5出演)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット