2018y09m20d_183052428

 今はナイトプールや格安航空LCC)による海外リゾート旅行人気によって、水着の売れ行きが好調のようだ。例えば、伊勢新宿本店では2018年8月時点で水着の売り上げが前年同期の2桁増で推移している(参考記事:ナイトプールインスタ映え水着が好調)。

【その他の画像】

 特筆すべきは、ライザップをはじめとする ボディーメークのブーム背景に、体を美しく見せる技術に長けた、セクシーブラリアビキニが活況を呈していることだ。ヒップアップにこだわる美トレーニング専門ジム人気上昇もブームを後押ししている。

 日本ブラリアビキニを展開する専門店は、日本人女性が着やすいようにヒップカットを緩やかにするなどの良を施している。脚は長く見えながら、ヒップも隠れるような商品を生み出し、需要を創出している。

 また、18年は「さまざまなコンテストで自己表現をしたい人が買いめるケースが増えた」(ブラリアビキニ専門店「フリドメール」の佐藤社長)とのことで、日本ではニッチだったブラリアビキニが、市民権を得つつある。

前年400の売り上げがあった店舗も

 商業界オンライン磯部孝の業界コラム」(18年8月4日付)によれば、日本水着市場は、バブル期の1991年には950億円に達したが、現在は4分の1以下の約220億円に縮小している。離れが進んだためとみられるが、17年頃から底を打ち、SNS映えするナイトプールや、ビーチリゾートの人気上昇によって、アパレルメーカーファッション性の高い水着に続々と参入している。

 18年はにも水着が売れる傾向が強まり、西武百貨店渋谷店では水着売場「三水着楽園」を前年より4カも前にオープン1月26日から2月12日までの水着の売り上げが前年440という報告もあった(参考記事:"水着が売れる" 西武渋谷店では400の売上伸長も)。10~20代卒業旅行で、海外リゾートに行くために買いめたのだ。ましてやの書き入れ時の水着の好調さは推して知るべし。

海外ビーチで開放的になる日本女性

 宿泊予約サイトブッキングドットコム・ジャパンによれば、「日本人が普段はチャレンジしないが、先でチャレンジしてみる装」の4位に「露出の多い水着」が入っている。1位「大きめのサングラス」、2位「動きやすい靴」、3位「つばの大きい帽子」、5位「ホットパンツ、丈の短いドレススカートなど」、6位「透ける素材」などとなっており、普段はおとなしい日本女性海外ビーチでは思い切り開放的になっている。

 今は由逗子など湘南でも、ブラリアビキニを着こなす女性が増えた。非日常的な先で大胆な水着を着たいがために、ジムに通う女性も増えており、トレーニングの成果を競うコンテスト出場時の勝負水着ブラリアビキニを選ぶ人も多い。

ブラリアビキニブーム仕掛け人

 ブラリアビキニ日本に広めた店が、鎌倉にある。江ノ島電鉄長谷駅より2~3分歩いた場所に本店がある「フリドメールfruits de mer)」だ。東京原宿ショールームを持つ他、百貨店通販などで販売している。

 「ブラリアビキニが売れてきて、多少なりとも弊社の売り上げが増えているのは、自分の個性を表現したい女性が増えてきたからではないでしょうか」と、フリドメール佐藤社長る。

 肌の露出が80を占める外出着はビキニしかない。特にブラリアビキニは、体美を強調するインディオの半裸の衣装を起としているため、露出度が高い傾向がある。それをカッコよく着こなすには、多少のボディーメークも必要。ライザップのように改造が気軽に取り組めるフィットネスジムの増加が、ブラリアビキニの追いとなっている。

 佐藤氏によると、1940年代にクリスチャンディオールらによって確立されたファッション世界では、「Aライン」のようなどんな崩れた体形の人でも同じシルエットに見える、体形をカバーする技術が重視されてきた。

 それに対して、ブラリアビキニのようなボディーファッションでは、現状の体形、肌の色などを個性として受け止め、その人の持つ美しさを最大限に引き出す。

 つまり、肩パッドパッドの入ったブラジャーで、見せたくない部分を隠し、人と同じようになるのがファッション。それに対して、オープンに自分らしさ、人との違いを表現していくのがボディーファッション。考え方が写真ポジネガほど違う。ボディーファッションに共感する女性が、ようやく日本でも増えてきたというのである。

40年前から輸入販売を開始

 同社は40年ほど前、まだビキニも普及していなかった頃より、本場ブラジルリオデジャネイロから水着を輸入し、販売を始めた。当初は水着しか売れないので、場はインドから皮ジャンや毛皮のコートを輸入して、商売を回してきた。

 売り上げが安定するようになったのは30年ほど前だ。その頃、日本経済バブルに沸いており、各地の工場では人手不足を補うために、日系ブラジル人を数多く雇用していた。日本にいるブラジル人がフリドメールのうわさを聞きつけて、同社の水着を購入した。

 そのうち、日本アイドルブラリアビキニを着用して写真集を発売するようになり、日本人も購入するようになった。フリドメールでは他にも、ワンピース水着リゾートウェア、ビーチサッカーボールなど、カリオカ(リオデジャネイロ市民)のライフスタイルに関連する商品を販売しているが、物一本でやっていけるようになったのは20年ほど前からとのことだ。

水着屋」の役割とは

 佐藤氏は茅ヶ崎高校神奈川県茅ヶ崎市)出身で、高校水泳部の水着デザインしたのが水着とかかわるきっかけ。ファッションビジネスを志し、パリ滞在中にジャンポール・ゴルチエら、1980年代に出現したボディーファッションの新しい潮流に衝撃を受け、試行錯誤を繰り返すうちに、ブラリアビキニに到達したという。ゴルチエは、マドンナステージ衣装を担当したことで有名であり、“エロかっこいい”の元祖のようなデザイナーだ。

 「一番簡単なボディーファッションは美容院です。水着屋の仕事はその人にとってベスト髪形に整える美容師に近いと言えますね。また、ステーキの切り方によって味が大きく変わります。水着屋はどのカット、どの色がその人を一番かせるかを見立てて選んで差し上げるので、をかっこよく切る調理人にも似ています」と、佐藤氏は自身の仕事本質る。

 体を覆う布が小さくても、「いかに隠すか」から発想された商品は「上下が分かれたセパレーツの水着であって、ブラリアビキニではないです」と手厳しい。流行に乗って、単なる極小セパレーツを売っている業者は長続きしないと警鐘を鳴らしている。

ブラジル製の品質向上に尽

 同店で販売している「サリナス」「ブルーマン」などのブランドリオの先端的なデザイナーが手掛けている。ブラジル水着工場で佐藤氏を知らない人はいない。最長で1年のうち10カを現地で過ごしているからだ。

 40年前のブラジル水着は、1回着たら破れてしまう粗悪な代物で、品質に厳しい日本人が到底買えるものではなかった。そこで、日本のミシン欧州の糸、米国の生地を導入し、丁寧に導して販売にたえる商品へと向上させた。フリドメールの商品はそのまま輸入するだけでなく、日本向けに色や柄、カッティングなどを変えたり、日本限定のデザインで販売したりしている。

 価格は1万~10万円と幅広く、年齢層も60代まで着られる商品を置く。一般に水着売場は10代後半~20代に向けて販売するが、カバーする年齢が広いのもユニークだ。

 佐藤氏は「今年の湘南は、ライザップブームもあって鍛えた体を見せる男性が増えた。これまでになかった傾向」と分析。インナーとしてはくブラジル水着「スンガ」をチラ見せするレイヤースタイルを、サッカーロシアワールドカップで、ネイマール選手が披露して話題になった。男性向けスンガも売れてきている。

 女性海水浴客は減っていたが、東京オリンピックに向けて、フィットネスブームが過熱気味なので、来年は期待できるとしている。

 もっとも、ジムなどに通わず、ビーチでバレーボールサッカーテニス等で遊んで、人生を楽しみながら体を鍛えるのがカリオカのスタイル東京オリンピック開催をきっかけに、健康増進に対する人々の考え方、姿勢が変わればブラリアビキニ一般化するだろう。

ブラリアビキニに高まる注

 ショップアパレルの台頭も、ブラリアビキニをにぎわせている。

 13年に立ち上がった「アリシアスタン(ALEXIA STAM)」は、ECと季の東京大阪名古屋福岡でのポップアップショップ(期間限定店舗)による展開で、18年11月期は売上高10億円を見込むという。前年同期は6億6000万円だったので、1.5倍に伸びる勢いだ(参考記事:で映えるビキニ EXJの「アリシアスタン」が急成長)。

 「アリシアスタン」はブラリアビキニ日本ビキニの中間的な、ハーフブラリアンを提唱。ブラリア入門としての門戸の広さを打ち出している。「女性健康美を引き立たせるデザイン」「日本製」といった特徴があり、沖縄海外のビーチをする10代後半~30代の女性に支持されている。代表でデザイナー山中美智子氏は、過去フジテレビ系の『テラスハウス』に出演しており知名度が高い。

 また、08年よりネットショップブラリアビキニを販売している「Brazilmizugi.com」では17年に続き「ラフォーレ原宿」に3回ポップアップショップを開いた。店Luz氏は世界を放浪し、オーストラリアのビーチで暮らしているうちに洋などどうでもよくなり、毎日ビキニとビーチサンダルで過ごすような日々に憧れを持つようになったという。Luz氏は南コロンビア水着ブランドMaaji(マージ)」との関係が深い。「マージ」はストレッチ素材と表と裏両面で着用できるリバーシブルが特徴。常に次の海外旅行を計画しているようなアクティブ女性顧客がとなっている。

関連書籍やイベントも活況

 女性らしいボディーラインをつくるヒップアップトレーニング人気も上昇している。成功すればブラリアビキニが似合う体形になる。

 “美魔術師”の異名を取るパーソナルトレーナー岡部友氏は1712月に発売した『美トレ 究極のヒップメイク』(文藝春秋)が評判となり、その後も『筋トレが折れない私をつくる!』(宝島社)、『美バンドトレーニング』(講談社)と矢継ぎに出版を重ねている。文藝春秋ナンバー編集部によれば、「全身のトレーニングに関するフィットネスの本はたくさんあっても、ヒップというパーツトレーニングに特化したものは今までなかったからではないか」と、ヒットの要因を分析している。

 プロアスリートを導できるトレーナー資格NSCA-CSCS」をフロリ大学で取得した岡部氏が16年に設立した女性専用ジム「Spice up Fitness」では、オリジナルヒップトレーニングメソッドを開発。トレーニングの成果を発表する「フィットネスエンジェルイベント17年より始まり、TBS系『有吉ジャポン』で“お尻甲子園”と紹介され大きな反を呼んだ。

 このイベントで2連覇を達成したアミン・カレダ氏はインスタグラムに、ブラジルから直輸入したブラリアビキニを着用して審に臨んだことを投稿している。

 前のボディーメークブームに乗り、体形、ヒップをきれいに見せたい意識の高い女性にますます用される、ブラリアビキニの勢いは止まりそうにない。

長浜之介)



(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 pbs.twimg.com)

(出典 line.blogimg.jp)  

(出典 line.blogimg.jp)

吉永みち (山中美智子からのリダイレクト)
吉永 みち(よしなが みち、本名:山中 美智子(やまなか みちこ)、1985年11月29日 - )は、日本の元タレント、グラビアアイドルである。現在は株式会社「EXJ」の社長で、水着ブランド「ALEXIA STAM」を手掛けるデザイナーでもある。東京都台東区出身。エムズファクトリーに所属していた。
2キロバイト (154 語) - 2016年12月24日 (土) 22:01


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット