2018y10m10d_214350207

高畑充希葉山奨之/モデルレス10月9日ドラマ24「忘却のサチコ」(10月12日より毎週金曜深夜0時12分~)の記者会見が9日、東京六本木テレビ東京本社で行われ、演の高畑充希、出演の早乙女太一、葉山奨之メガホンをとった山岸聖太監督が出席した。

【さらに写真を見る】高畑充希、スーツ姿で美脚披露!キャスト集結

高畑充希葉山奨之と4年ぶり共演

原作週刊ビッグコミックスピリッツ連載中の漫画家阿部潤氏による同名人気作で、単行本は累計販売数50万部を突破。2018年1月2日に同局で放送し好評を博したドラマスシャルコミカルな“サチコ”像を見事に作りあげた高畑が引き続き演をつとめる。

幸子が所属する出版社の文芸編集部に配属される新人編集部員・小林心一を演じる葉山は、ほとんど高畑と同じシーンだったそうで「セリフの量が多くて大変でしたね。ゆとりの新入社員で、もその世代で生活していたので、ゆとりということを意識しないでそのまま小林をうまくリンクさせて表現しました」とコメント

葉山から見た先輩高畑はどんな人か質問されると「充希ちゃんと前に共演したのがが19歳で4年くらい前の作品で一緒になって、今回はそれ以来で、が4年間でちょっとは成長したところを見せなきゃいけないと思ってクランクインをしたんですけど、見せられなかったですね…。気持ち的には“4年では変わったぞ!”って感じだったんですけど、全然4年前と変わらないですねえ」と肩を落とし、「2人のシーンが多かったんですけど、全部助けてもらったなというのはあります。だから幸子さんのような先輩だなというのはありました。充希ちゃんが幸子じゃなかったら、もここまで表現できなかったなというのはあります」と高畑感謝した。

そんな葉山について高畑は「最初に会ったときはスーツとか絶対に似合わない感じだったんですけど、久々に現場で会って、スーツがシュッと決まっていて“奨之、大人じゃん!”って思いましたね」と笑顔を見せ、「4年前も今もっぽさというか、可くてしょうがなくて、ずっと撫でていたい欲求毎日抑えていました(笑)」と告白した。

早乙女太一、地上波の連ドラレギュラー

また、地上波の連ドラレギュラーが初めてという早乙女は、幸子結婚式当日に逃げた婚約者・俊を演じる上で意識したことを聞かれると「非常にやりづらかったです。原作でも、スペシャルでも顔が見えないキャラクターで、ファンの方たちは自分の中でも顔やイメージが出来上がっていると思うので、そこで中途半端なの顔が出てきて、自身、爽やかニコニコしているキャラをあまりやったことがなかったので、はすべてに関して新しい挑戦がありました」と回顧。

「役作りに関しては、普段ムスッとした顔をしているので、なるべく口が上がるように、おおらかになれるようにニコニコしていました」と明かしていた。(modelpress編集部)

Not Sponsored 記事】

葉山奨之、高畑充希 (C)モデルプレス

(出典 news.nicovideo.jp)



★奨之くんインスタより♪
 ↓ ↓

今日は#忘却のサチコ の記者会見でした。
今週金曜夜0時12分からです! 観てください!
#テレ東#ネクタイの存在感
2018y10m10d_214358720

2018y10m10d_214603594


【葉山奨之】
葉山 奨之(はやま しょうの、1995年12月19日 - )は、日本の俳優。大阪府出身。トライストーン・エンタテイメント所属。身長177cm。 大阪府出身。小学2年生の時に親の仕事の関係で上京する。映画『クローズZERO』の小栗旬に憧れ、中学3年生の時にオーディションを受け[要出典]同じ事務所に入る。
★テラスハウス(2017年12月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット